previous arrow
next arrow
Shadow
Slider

INFORMATION

「ストリッパー物語」チケット発売中!

秋公演第2弾は、9PROJECT旗揚げの演目であり、2016年にも再演も行なった「ストリッパー物語」です!
思い出深いこの作品を、神戸・大分にて上演いたします!

東京公演は残念ながらありませんが、なかなか再演の機会もありませんので「また観たい!」「観たことない!」という方、秋の小旅行で神戸・大分に行きませんか?
神戸は見所、美味しいものがたくさんありますし、大分は何と言っても温泉です!
たまには気分を変えて、別都市での観劇体験をぜひお楽しみください!

もちろん、神戸・大分の皆様、近隣県の皆様…つかこうへいの傑作をどうぞお見逃しなく!!

「ストリッパー物語」公演情報サイト

NEWS

もっと見る...

NEXT STAGE

9PROJECT vol.11「ストリッパー物語」

作= つかこうへい  演出= 渡辺和徳
出演=高野愛・相良長仁・諏訪貴大・三木だいすけ・農坂夢香

席種= 自由席(全会場とも)
料金= 一般 3,500円 / 学生 2,500円 (全会場、前売当日とも)

神戸公演=2019年10月26日(土)〜27日(日)◇神戸三宮シアター・エートー
大分公演=2019年11月4日(祝)◇ホルトホール大分 小ホール

*一部告知で、大分公演の開演時間が14:00開演となっておりましたが、正しくは13:00開演です!


 昨年の「つか版・忠臣蔵」の好評を受け、本年も神戸・大分にて、つかこうへい初期の代表作「ストリッパー物語」を上演いたします。

 「蒲田行進曲」や「熱海殺人事件」とも並び称されるこの「ストリッパー物語」は、再演を重ねるごとにガラリと姿を変え、いくつものバージョンが作られました。そしてまた、つかこうへいをして「この作品だけは活字化できない」と言わしめたほど、“肉体で語る”作品でもあります。

 今回上演するのは、1982年に田中邦衛・根岸季衣主演で上演されたバージョン。脚色は一切いたしません! つかこうへい自身による上演時そのままの戯曲でお届けします。今となってはまず上演されることのないこの作品…どうぞお見逃しなく!

公演の詳細はこちら!

9PROJECT

vol.4「ストリッパー物語」 撮影:堀内亮太

vol.6「堕ちて今、君を想ふ。」 撮影:堀内亮太


つかこうへいの言葉には、胸を突き刺すような切なさを覚える。
そして、生きる養分、勇気として語りかける力がある。
9PROJECTの舞台を観るたび、同じ力がそこに息づいているのを感じてならない。
つかこうへいの舞台を引き継ぐ若者たちがいることを何よりもうれしく思う。

メディア・プロデューサー 酒井 政利


 9PROJECTは、つかこうへいに師事したメンバー3名によって結成。近年では上演されることの少なくなった、70〜80年代のつかこうへい作品を中心に上演している。つかこうへいの“演出”よりも“言葉”に注目し、戯曲を一切書き換えることなく生み出されるその作品は、当時つか作品に熱狂した世代からも大きな支持を集めている。

 1999年、つかこうへいが東京都北区のバックアップを受けて設立した「北区つかこうへい劇団」に、渡辺和徳が役者コース7期生として入団。つかこうへいから「お前は本を書け」と言われて、劇作・演出の道に転向。つかの執筆を手伝いながら、多数の演劇作品を発表する。
 2001年、高野愛小川智之が9期生として入団。まもなく、劇団9期生を中心に「プロジェクト9」というチームが結成され、つかこうへい演出で多数の作品が上演される。その後、10年あまりに渡って、つかこうへいに師事する日々が続く。

 2010年、つかこうへいが死去。2011年、北区つかこうへい劇団の解散公演「飛龍伝’90」(紀伊國屋サザンシアター)では、高野・小川が主演、渡辺が演出を担当。

 劇団解散後、しばらく各々の道を歩むが、自分たちなりにつかこうへい作品に取り組みたいと、2014年に再結集。第1回公演「ストリッパー物語」(作/つかこうへい)を上演した際にはチケットは発売初日完売するなど注目を集めた。を以後、初期のつかこうへい作品を中心に上演を続けている。

 名前の由来は、北区つかこうへい劇団時代のチーム名「プロジェクト9」をひっくり返して、9PROJECT(ナイン プロジェクト)。つかこうへいという存在にがむしゃらに立ち向かい、作品に没頭していた、その初心を忘れることなく活動していきたい、という志を込めて命名された。

 モットーは、やりたいことをとことんやる。自分たちが今やりたいこと、挑戦したいことを3人で徹底して話し合い、純粋に芝居に向き合っていく…。それが 9PROJECT です。