previous arrow
next arrow
Shadow
Slider

INFORMATION

「つか版・忠臣蔵」神戸公演終了!大分へ!

「つか版・忠臣蔵」神戸公演が、あっという間に終了しました!両日ともに満員御礼となりましたっ!!

次は最終公演、大分です。つかさんとの縁も深いこの地で公演できることを、本当にうれしく思っています。

つかこうへい生誕70年の今年!ぜひ、ぜひ!つか節満載で“熱さ”しかないこの舞台、どうか…どうか、お見逃しなくっ! つかこうへいの描く「忠臣蔵」を余すところなくお見せします!

大分公演はまだまだお席がありますので(涙)ぜひぜひご予約ください!

NEWS

もっと見る...

NEXT STAGE

9PROJECT vol.8
「つか版・忠臣蔵」

つかこうへい生誕70年記念ツアー公演!

原作=つかこうへい
脚本・演出=渡辺和徳
出演=岩崎祐也・高野愛・相良長仁・鈴木利典・新澤明日・小川智之・宮迫誠・仲道和樹・大江裕斗

東京公演=2018年10月3日〜8日@d-倉庫
神戸公演=10月20日〜21日@神戸三宮シアター・エートー
大分公演=10月24日〜25日@ホルトホール大分 小ホール

席種=自由席
料金=一般 3,500円・学生 2,500円(どちらも前売・当日とも)


今作の原作となる「つか版・忠臣蔵」は、1982年の大晦日に風間杜夫・松坂慶子主演で放映されたテレビドラマです。その名の通り、忠臣蔵という誰もが知る物語を題材にしながら、文字もろくに読めない主君・浅野内匠頭、仇討ちよりも家のローンの心配ばかりをしている大石内蔵助、根っからの善人にも関わらず必死に嫌われ者になろうと努力する吉良上野介など、一癖も二癖もある人物ばかりが登場します。そして、その“どうしようもない事件”を“一級の美談”に仕立て上げ、芝居に掛けようとするのが作家の宝井其角。其角は近松門左衛門に奪われた女・志乃への慕情から、赤穂事件に執着し続けます。

過去の傑作を巧みにアレンジしながらも、鋭く人間を描いていく…。つかこうへいの真骨頂とも言える人間ドラマの傑作に、どうぞご期待ください。

公演の詳細はこちら!

9PROJECT

vol.4「ストリッパー物語」 撮影:堀内亮太

vol.6「堕ちて今、君を想ふ。」 撮影:堀内亮太


つかこうへいの言葉には、胸を突き刺すような切なさを覚える。
そして、生きる養分、勇気として語りかける力がある。
9PROJECTの舞台を観るたび、同じ力がそこに息づいているのを感じてならない。
つかこうへいの舞台を引き継ぐ若者たちがいることを何よりもうれしく思う。

メディア・プロデューサー 酒井 政利


 9PROJECTは、つかこうへいに師事したメンバー3名によって結成。近年では上演されることの少なくなった、70〜80年代のつかこうへい作品を中心に上演している。つかこうへいの“演出”よりも“言葉”に注目し、戯曲を一切書き換えることなく生み出されるその作品は、当時つか作品に熱狂した世代からも大きな支持を集めている。

 1999年、つかこうへいが東京都北区のバックアップを受けて設立した「北区つかこうへい劇団」に、渡辺和徳が役者コース7期生として入団。つかこうへいから「お前は本を書け」と言われて、劇作・演出の道に転向。つかの執筆を手伝いながら、多数の演劇作品を発表する。
 2001年、高野愛小川智之が9期生として入団。まもなく、劇団9期生を中心に「プロジェクト9」というチームが結成され、つかこうへい演出で多数の作品が上演される。その後、10年あまりに渡って、つかこうへいに師事する日々が続く。

 2010年、つかこうへいが死去。2011年、北区つかこうへい劇団の解散公演「飛龍伝’90」(紀伊國屋サザンシアター)では、高野・小川が主演、渡辺が演出を担当。

 劇団解散後、しばらく各々の道を歩むが、自分たちなりにつかこうへい作品に取り組みたいと、2014年に再結集。第1回公演「ストリッパー物語」(作/つかこうへい)を上演した際にはチケットは発売初日完売するなど注目を集めた。を以後、初期のつかこうへい作品を中心に上演を続けている。

 名前の由来は、北区つかこうへい劇団時代のチーム名「プロジェクト9」をひっくり返して、9PROJECT(ナイン プロジェクト)。つかこうへいという存在にがむしゃらに立ち向かい、作品に没頭していた、その初心を忘れることなく活動していきたい、という志を込めて命名された。

 モットーは、やりたいことをとことんやる。自分たちが今やりたいこと、挑戦したいことを3人で徹底して話し合い、純粋に芝居に向き合っていく…。それが 9PROJECT です。