9PROJECT「異ノ邦ノ人へ」

作・演出] 渡辺和徳
[出演]高野愛・相良長仁・小川智之・藤松優・農坂夢香

日程2021年5月下旬を予定
会場北千住 BUoY
料金 2,500円(映像配信のみ)

STAFF

[舞台監督]久保田智也
[照明]清家玲子
[映像撮影]宮岡亨(トオルスタジオ)
[宣伝写真]堀内亮太
[舞台写真]岡嶋秀介


ABOUT

 「熱海殺人事件」の“初演版”をやった時、アルベール・カミュの「異邦人」との類似性に気がついた。そして、自分が「異邦人」をベースに舞台を作るなら、どんな作品になるだろうかと考えた。

 世間に認められなければ、犯人は犯人になれない。これは「熱海殺人事件」で繰り返し提示されるテーマです。現代社会においても“世間の望む姿”から外れた者たちが、激しく糾弾され、排除されるのはありふれた光景ではないでしょうか。

 自ら選んだ人生を生きる。これは言うほど容易いことではなく、自由とは常に排除と隣り合わせにあります。“今”という世界を生き抜くために、歩むべき道は何か…。この作品を通じて考えてみたいと思っています。

作・演出 渡辺和徳

STORY

ある浜辺で、一件の殺人事件が起こった。
殺されたのは、外国人の男。撃ち込まれた銃弾は——5発。犯人は悔恨の情も見せず、男を殺した理由について、ただこう語った。

「太陽が眩しかったから」

陪審員は、ためらうことなく死刑を宣告した。

処刑を間近に控えた夜、牢を訪れた神父は犯人に懺悔を勧める。最期の時に、寄り添おうとする神父をあざ笑いながら、犯人は自らの人生を語り始める。

“彼”はなぜ男を殺したのか。
なぜ“彼”は死刑にならねばならなかったのか。

全ての救いを拒絶して、犯人は処刑台へと向かっていく…。